お知らせ

課題

(計画中)レジ周辺の視覚改善

来客時のレジ周辺環境について、接客に必要のない物品が露出しているため、化粧板やカーテン等で目隠しを用意する。ロールスクリーンなども検討する。

(事業中)端末周辺の再整備

端末の利用がしやすい状況を作ると同時に、機能性を重視した再編を行う。

(事業中)端末のマルチモニタ化検討

現在、Inspiron 3250を利用しているが、小型の筐体であり、マルチモニタ化を実現するにあたり、検討する。PCIEx1、PCIEx16、1個ずつのスロットがある。

(完了)レジ右側の棚新設

接客業務に対応する、もっとも利用率が高いレジ周辺について、最適化を進めているが、必要のないロッカー等を廃して、新たに収容場所を確保したことに伴い、棚を新設することとした。既製品で対応せず、業務の効率化を優先させるため、自作したものを配置する。

(事業中)レジ周辺の業務改善に伴う配置換え

現行のレジと周辺機能について、配置最適化が必要な段階にあるため、再編を検討する。特に業務で必要となるものを挙げていき、必要頻度の低いものを事務所へ撤退させる。

レジと周辺機能は次の通り。接客の集中箇所となる。

駅長席は次の通り。駅長席とは、駅の中心となる場所で、第一環境となる。

連絡等の対応方針

可能な限り速やかな応答を心がけてきたところではあるが、過去経緯等に基づき、適正な駅の利用ではない内容が増えてきており、対応を検討してきた。要求内容が正確でないものについては、熟考の上、返信を行う方針とし、遅延を発生させるものとする。適正な応答が成立しない場合は、対応を見送るものとする。

次の通り、適正ではない例を示す。

法人・業者などへの対応は厳格化するため、次のような例を不適切とみなす。

駅の対応について、駅長の応対に合わせられないとする相手の場合、顧客の場合、さじ加減で合わせることもしてきたが、精査することよりも、適正な利用ではないものを抑制させていかねばならない。

矢田川サブカルフェスタ

第1回矢田川サブカルフェスタ

萌えキャラ、ステージパフォーマンスDJ、コスプレ!
サブカルチャーがあゆの里矢田川に大集合!!
ワクワクドキドキが詰まったイベントを楽しもう!!

道の駅あゆの里矢田川では、兵庫北地域道の駅では初となる、ご当地萌キャライベントを開催致します。兵庫県内のご当地萌キャラによる展示即売会、ご当地アーティストによるアニソンDJ、事前登録制のコスプレ撮影会を行います。

●参加ご当地萌キャラ
・久々比こうり(くくひ こうり)
・出石女学院
・掛物継美(かけものつぐみ)
・はりまりこ
・流通科学大学PRキャラクター 流華
・幻視工房公式看板娘 佐竹葵
・かつめしちゃん

●詳細
イベント名:矢田川サブカルフェスタ
場所:道の駅あゆの里矢田川
兵庫県美方郡香美町村岡区長瀬933-1
0796-95-1369
開催日:2019年9月22日(日)
時間:10:30~15:30
コスプレ更衣室利用時間: 10:00~11:00、15:00~17:00

※小雨決行。
但し、台風や猛烈な大雨など災害が発生する天候の場合はイベント中止

●駅長追記
・矢田川あゆか、道の駅あゆの里矢田川ご当地萌キャラ、原画作者もイベントへ参加します。
・アニメの主題歌、ゲーム音楽などを一日流しています。
・コスプレ撮影可能。川原での撮影もOK。

●ホームページ
https://yadagawa-scf.jimdosite.com/
矢田川サブカルフェスタで検索
ツイッターで最新情報を発信中

業務整理「駅業務の継続と拡大」

売上が拡大する中、スタッフや地元負担が増大していることから、業務を見直して、負担を減らすように工夫します。経費を増やして、人件費の削減を図り、こなすべき業務へ力を注げる環境を作ります。

・従業員確保
・スタッフ募集
・土日募集
・旧スタッフ
・新スタッフ特有の問題

・就業形態
・部分勤務の実現、補助11:00~
・駅長外出時間の補助、用事14:00~18:00
・閉店手伝い、~20:00

・業務の見直し
・冷凍庫の増強
・冷凍商品の売場陳列
・ねぎ、玉ねぎなど、千切り状態で仕入れ
・仕込みの前日対応を増やす
・仕出し、定型化を速やかに検討、最大100食

駅長の副業に関する整理

株主から業務へ集中するよう意見が出ていること、ならびに、駅長業務の推進を迅速化させる目的から、駅長は駅の売上拡大が命題であるため、副業を認めないこととし、現場へ適用させる方針を固めた。契約よりも、地域文化や株主を優先し、すべての業務を停止、駅長に関係しない業務は、終了させる。

※過去経緯として、再々、業務へ集中するよう意見があり、対応を明確化させた。

公開主義と不可避担保

徹底した情報公開により、透明性の高い運用を目指す。公私関係なく、駅長の生活を公開し、コンテンツとして扱う。さながら、動物園の様子を、常に見られると考えると良い。同時に、公開を制限させうる状況については、非優先的に取り扱い、公開場所でのやりとりへ絞り込む。

(事業中)通販セット販売

需要があるものの、発送体制が不十分であることから、現在まで具体的な取り組みができていないものの、対応を進めるものとする。セット販売などの取り組みから具体化させる。作業はスタッフ体系で対応。

(事業中)情報コーナーのサービス改善

均衡化の求められている駅の情報サービスについて、自動化を推進することで応える方針である。(1)サービスの提供時間を拡大する施策と、(2)サービス内容の改善を行っていく。(1)は、期間限定の24時間開放、基本営業時間の拡大を計画する。(2)は、自動制御の整備に係る、施設の整備拡充である。

営業時間の考え方について、情報に対する需要とは、主として、朝の早い時間帯のような、移動が始まる時間帯、営業時間よりも前、駅が対応できない時間帯こそに意味があると考える。したがって、6:00~9:00のような時間帯に営業し、広域な時間帯を利用可能とし、休憩利用を推進していくものとする。

  1. サービスの提供時間を拡大する施策
    1. (完了)夏休み(7/20~8/31)の24時間開放
    2. (完了)冬休み(12/20~1/7)の24時間開放
    3. (完了)春休み(3/20~4/7)の24時間開放
    4. (完了)基本営業時間の増強、9:00~17:00を9:00~18:00へ拡大
    5. (完了)基本営業時間の増強、6:00~20:00へ拡大 - 2019/4/17反映
  2. サービス内容の改善
    1. (完了)バックヤードの照明自動化 - 2019/4/17工事完了
    2. (完了)情報システムの電源制御自動化 - 2019/4/17工事完了
    3. (事業予定)情報コーナーの照明自動化
    4. (検討中)施錠の自動化 - スマートロック製品の選定中。
      • セサミは合わず。2019/4/5。

駅舎の電気工事推進

スイッチ操作を頻繁に行うような箇所については、すべてをセンサーLED化することにより、スタッフの利便性を向上させ、仕事のやりやすい状況を構築する。

  1. (検討中)スポットライトのLED化 - 見積もり依頼済み。
  2. (事業中)食堂ホール便所内のセンサーLED化
  3. (事業中)食堂ホール便所前のセンサーLED化
  4. (完了)プレハブ冷蔵庫前のセンサーLED化 - 2019/4/15完了
  5. (完了)みそ作業場の玄関センサーLED化 - 2019/4/15完了
  6. (完了)味噌蔵の玄関センサーLED化
  7. (完了)みそ作業場内の冷蔵庫前センサーLED化 - 2019/4/15完了
  8. (完了)勝手口前のセンサーLED化・2期 - 2019/4/15完了
  9. (完了)厨房納屋のセンサーLED化
  10. (完了)食堂ホール便所前・洗面所のセンサーLED化
  11. (完了)事務所前のセンサーLED化
  12. (完了)勝手口前のセンサーLED化・1期
  13. (完了)厨房内のLED化、蛍光灯の廃止

役場予算の中で施設の近代化を図る目的から、蛍光灯のLED化を行うとのことで、見積もりを行う。現行、LED化推進は、前代駅長の時代から取り組んでおり、食堂ホール、物販コーナーについては、完了しているが、特に予算が必要となる箇所などで対応が求められている。

  1. 座敷1
  2. 座敷2
  3. 事務所
  4. みそ作業場

駅長システムの推進加速化

現行のシステムへ駅長業務を管理できる体系を検討していく。

(事業中)ごみステーション

ダストステーションを設置して利用していたものと思われるが、利用客の投棄が増えたことから撤収したものと考える。移動式などにして、運用面に工夫が必要であることも考えられる。10万円までの規模で検討。津崎鉄工へも打診。8万規模で作成できることが確定。2019/4/0、発注した。

外郭組織の取扱い

矢田川サポーターズなどの名称で活動している。

大使制度の再編

大使の定義は、活動の利便性を考慮し、緩やかなものとしている。香美町役場の大使制度と同様に、人員確保が目的となっており、(1)誰でも大使になれること、(2)ノルマを設けていないことが前提となる。ボランティアとして活動してもらう観点に加え、駅の基本方針である強いることしないとする原則に照らしたものである。

現行の問題点は、大使制度の理解が深まらず、意図しない拡大解釈で方針が競合している点にある。単に存在するだけが大使の目的であると定義する一方で、

論点は次の通りとする。

経緯を整理する。

大使制度とは、ボランティアスタッフを確保するものであり、継続的な取り組みを構成するものである。

まかない制度

大使制度とともに、ボランティアスタッフの受け入れを行うものであるが、単発、短期の取り組みを構成するものである。

回転灯の管理

LED化、モーターなしの機種へ移行。同一機種へ統合、少なくとも、3台を整備し、故障時への速やかな対応を確立させる。3台目は、駐車場北側へ整備を計画。電源等がない状況なので検討を継続。

屋外掲示物の風害対策

地理的に風の強い場所であるため、風害対策を必要としている。

ゆるキャラ、かみやん

予算化でき次第、事業化

  1. ダイソン掃除機 - 細かな掃除をやりやすく。3万規模で事業予定。Dyson V8 Fluffyが適当。
  2. レジ交換 - オンライン化。

問題提起

駅は、客のものである。株主、役員、スタッフ、共通して、お客様ファーストという視点がなく、すべての意見や労働力が各人を中心としたものになっている。売上の減少が100%の答えを示している。お客様の視点から展開させなくてはならないという基本が認識されない限り、取り付く島もない状況である。

個人の任意団体であることを知らない人が多い。道の駅は特別であるという認識を持つ人が異常に多く、特別であるために何かを期待する向きが大きい。特に、地元で特別な感情移入があり、多くの意見が噴出しており、集約ができなくなっていた。経営上の問題へ取り組まず、態度や序列が重要課題と認識されている。

事務の削減

月次業務を再編し、簡素化を推進する方針であり、あとでやる作業を明確に減らす。事務役がいないため、スタッフが業務で処置できるように変えていく。小さな政府の考え方に似ている。※駅長は、営業時間中、労働力である点に留意し、現在、90%のちからを発揮し、お客様への対応を行う方針である。

(検討中)駅長定義の補正

現場での指揮を行うが、大半の作業資源を労働力として扱う。就任後、9ヶ月が経過しており、特別な部分の削減を進めていく。スタッフに任せてしまう状況から、スタッフのフォローを行う段階に来ており、現場で客への対応を行えるよう、改善を進めていく。

農家優先の排除

農産物の考え方や業務を整理し、一般取引業者と同様に取り扱うことが目標。農家主義からの脱却。

赤字の理由

道の駅という仕組みは、ユニバーサルサービスを目指している観点から、各種施策の上で成り立っているが、なおも、赤字とすることができる理由を十分に考察したい。いわゆる建前としての視点、地元の認識、ならびに、駅長の考察、根拠の整理を行う。

(事業中)食の安全化

随時危ないものを評価して、改善させる。スタッフの見える範囲を修正させる。

  1. 調理場全体の掃除 - 十分ではない。
  2. 包丁の消毒 - 十分されていない。方針を明確化する。
  3. 油の運用 - 定休日明けには、新しい油を使う。

(検討中)加温料理の提供問題

忙しいときは、あらかじめ料理を調理して提供する方針であるが、可能な限り、加温料理の廃止を検討しなくてはならない。

(検討中)スタッフの制御

スタッフにすべてを任せるのではなく、スタッフにやらせつつも駅長が片付ける構造を基本とする。本方針の適用により、駅長はスタッフへ任せたままとせず、スタッフとして労働力を供給すると同時に、現場の指揮を行う。

防犯対策

封鎖して中身が見られなくするという発想ではあるが、規制緩和しないと無駄な業務があるだけで、業務効率化の観点からも見直しする。下記の通り、優先順を設定し、防犯を検討する。

  1. 玄関入口 - レジ周辺が目前となるため、最優先防犯対象とする。
  2. 勝手口 - 事務所周辺は、夜間等の出入りに用いるため。
  3. 座敷 - 大型の窓ガラスがあるため。

店内改善

動線を意識して改善。

(事業中)物販エリア

(事業中)キャンプ

(事業中)LED化

便所とハロゲンの交換を推進。電力消費量の削減を目指す。便所側を事業化、5万ほか。

昔に戻るプロジェクト

アイデア

テレビ

のぼり

駐車場掃き掃除

矢田川スノーパークの運用において、雪を処置する上で土を拾っていることから、駐車場内に汚れが残っている。汚れの大半は、砂、土であり、掃いていく。

草取り

駐車場の敷地内、縁石の舗装部位、角に草が生える状況にある。視覚的なノイズとなるため、処置する。

(事業中)メニュー標示

注文時、来客の迷いが目立っているため、より分かりやすい表示へ改めます。

(事業中)プライスカード

農産物や土産について、特定商品を対象に掲示を推進。

在庫管理

現況のおおまかな分類等を改善します。

農産物の確保

他の駅と比べて、商品数が少ないため、確保への努力を怠らない。

(事業中)業務マニュアル

各メニューごとの作り方をまとめます。誰でもホールと厨房を担当できるように体系化します。

出勤表

全員が把握しやすいような表組みを検討します。

コピー等

ポップ改善

個々の商品について、分かりやすい表示へ改めます。特に目立ったものへワンポイントを入れます。

バックナンバー

決算記事

まじでつぶれる5日前

あまごへしこ

(完了)駅長ひとりごとの撤去

玄関にある「ひとりごと」の標示を撤去。計2ヶ所、完了。自虐ネタの運用方法を改善する。

(完了)年末年始の営業計画

駅長判断として、形は問わず、営業する方針。会長説明済み。当初、物販と喫茶で営業を検討してきたが、業務の把握が進み、麺類を対応範囲に加えた。12/31は年越しそばを企画、加えて、ボランティアの参加で対応範囲が拡大。1/4は平常営業。小鉢、味噌汁などを対応。仕込みと段取りの過不足に注意していく。

(完了)先払い等動線

「先払い」と「セルフサービス」である旨、客の視線に入っていない状況があり、より大きいなポップを掲出するものです。

概要

あゆの里矢田川における業務を円滑に行うため、情報を整理しています。関連する業務を統括し、効率化に寄与します。

案内